おすすめの本

お金の勉強になるおすすめの本11選!お金についてしっかり学ぼう

お金は生きていくうえでなくてはならない存在ですよね。

切っても切り離せない関係です。

そんな大事なお金ですが、学校で勉強することはあありません。

だからこそ本を読んで勉強しておく必要があるのではないでしょうか。

そこで本記事ではお金の勉強になるおすすめの本を11冊紹介していきます。

ぜひ本記事を参考にお金の勉強をしてみてください!




お金の勉強になるおすすめの本11選!

 

『アメリカの高校生が学んでいる お金の教科書』

お金の基礎知識を網羅!

お金の知識が網羅された本。まさに「お金の教科書」です。税金、保険、貯金、投資、借金、金融詐欺、老後の資金などお金のことについて幅広く載っているので、これさえ読んでおけばお金の基礎知識はカバーできるので、お金の勉強にはおすすめ。他には起業やキャリアについても書いてあるので、ビジネスマンやこれから社会に出る若い人にはぜひ読んでもらいたい一冊。

 

『お金の大学』

2020年楽天ブックスの年間ランキング1位!

リベラルアーツ大学学長の著書。本書は2020年楽天ブックスの年間ランキング1位にもなりました。「経済的自由」を目標に貯める、稼ぐ、増やす、守る、使うという5つの力を分かりやすく解説してくれます。本書はイラストつきで解説してくれるので、とっても分かりやすい!文章がつらつら書かれているわけではないので、読書が苦手な人には特におすすめです。

 

『すみません、金利ってなんですか?』

お金の基礎知識を会話形式で分かりやすく解説!

お金の基礎知識(金利、源泉徴収、税金、年金、保険、株、投資などなど)を会話形式で分かりやすく解説してくれます。ちなみに会話するのはマネーど素人の梅田さんと元国税局ライターの小林さん。とにかくお金の基本的なことを知りたい人におすすめ。基本的なことを書いてある本ですが、意外と知らないことも書かれてあって勉強になりました。

 

『お金の超基本』

お金の基本をビジュアルつきで解説!

タイトルどおりお金の基本が学べる本。「お金とはなにか?」から始まり、税金、貯金、投資、保険、マネープランなどお金の知識を幅広く勉強することができます。ビジュアル版になっているので、表やグラフ、絵が描かれてあるので、分かりやすくなっています。「とりあえずお金の基本を勉強したい!」という人にはおすすめ。

 

『お金持ちになれる黄金の羽の拾い方』

税金を勉強したいならコレ!

基本的に税金のことについて書かれている本です。なので数字や専門用語も出てきたりして、難しいですが、とても勉強になります。税金や歪んだ税法などを知ることができました。サラリーマンならあまり税金について知らないかもしれませんが、本書を読むと意外な事実を知らされます。節税をはじめ、税金について勉強したいかたにはおすすめ。

 

『金持ち父さん貧乏父さん』

一度は読んでおくべきお金の名著

紹介するまでもないくらい有名な本ですね。会社に入ってお金を稼ぐくらいしかお金の生み出し方を知らなかった私ですが、本書を読んでその価値観や人生観がガラッと変わりました。「ラットレース」という言葉も本書を読んで初めて知りました。もちろん、本書を読んだだけではお金持ちになれるわけではありません。しかし「お金の稼ぎ方」や「なぜ貧乏人は貧乏人のままなのか」など多くの学びがあることは事実です。影響力の大きい本です。

 

『バビロンの大富豪』

世界中で愛読されるお金の本

1920年代に書かれた本ですが、今なお愛読され続けている名著です。お金だけでなく、人生についても貴重な助言をしてくれます。特に「黄金の七つの知恵」や「五つの黄金法則」はとてもためになる教え。小説(物語形式)で進んで行くので、堅い本ではありません。比較的、サクッと読めてしまいますが、内容は濃いです。2019年には漫画も出版されました。

関連記事『バビロンの大富豪』を要約!大事なことをまとめてみた

 

『世界のお金持ちが実践する お金の増やし方』

投資を勉強したいならコレ!

ウォール街で投資銀行業務・取引に従事していたという本物のプロが投資のやり方、投資戦略を教えてくれます。他にも世界経済の見方などについても書かれています。投資のことが分からない初心者の方でも読める内容になっているので、安心してください。ある程度投資をかじっている人でも新たな発見があるのではないかと思います。お金の中でも投資や経済を勉強したい人にはおすすめ。

 

『本気でFIREをめざす人のための資産形成入門』

資産形成を勉強したいなれコレ!

FIRE(Financial Independence and Retire Early)つまり経済的自由を達成したうえで、早期リタイアをめざす人に向かれて書かれた本です。実際に著者の穂高唯希さんは30歳でFIRE(セミリタイア)を実現しました。本書はFIRE(セミリタイア)を目指さない人でも資産形成や株式投資のやり方、不労所得の得方など、とても勉強になるので読んでおいて損はありません。

 

『松浦弥太郎の新しいお金術』

お金の付き合いかたが学べる

「暮らしの手帖」の編集長・松浦弥太郎氏のお金についての考え方が書かれた本。お金に好かれる暮らし方、お金に好かれる仕事の仕方など「お金とどう付き合っていけばいいのか」を学ぶことができます。タイトルに「新しいお金術」とあるだけに、「こんな考え方、こんな付き合い方があったのか」と目からウロコな情報が展開されていておもしろいです。財テクなど金融知識を勉強するのもいいですが、お金との付き合い方も本書でしっかり勉強しましょう。

 

『お金持ちが肝に銘じているちょっとした習慣』

お金持ちの習慣や考え方が学べる

ライターとして、ビジネス界のキーパーソン、作家、文化人などの著名人を多数取材した菅原圭氏の本。そんな彼だからこそ分かるお金持ちの習慣や考え方などを学ぶことができます。特に「お金持ちが絶対しない10のこと」は勉強になりました。自分とお金持ちの違いはなんなのかを分析しながら、お金持ちの習慣や考え方をどんどん取り入れていきましょう!もしかしたら数年後にはお金持ちなれるかも。

 

お金の勉強になるおすすめの本11選のまとめ

 

お金の勉強になるおすすめの本11選を紹介してきました。

この11冊の本はどれもためになる本なのでおすすめ。

紹介した11冊すべてを読む必要はありませんが、3~5冊くらい読めばお金の勉強はしっかりできると思います。

ぜひ自分が勉強したい分野からピックアップして読んでみてください!

お金さんとは末永く良いお付き合いをしていきましょう。

関連記事3000円投資生活をやってみた結果!増えた?減った?

 




-おすすめの本

Copyright© bookForever , 2021 All Rights Reserved.