サスペンス

サスペンス 本の感想

『シャイロックの子供たち』現金紛失事件の真相に迫った池井戸潤のサスペンス小説!

2020/1/17    

『シャイロックの子供たち』は2006年に刊行された池井戸潤のサスペンス小説。 全10話からなり、1話ずつ主人公が変わっていくという連作短編のような構成になっています。 銀行の支店で起こった100万円の ...

サスペンス 本の感想

骨太な社会派サスペンス小説『架空通貨』(池井戸潤)架空通貨に隠された巨大陰謀を暴く!

2019/11/19    

『架空通貨』は2000年に刊行された『M1』を改題した池井戸潤の小説。 江戸川乱歩賞受賞第1作となっています。 闇のカネによって、人や企業、銀行までもが支配された街、田神町を舞台にその真相に追っていく ...

サスペンス 本の感想

身近な恐怖を描くサスペンス『ようこそ、わが家へ』(池井戸潤)の感想やあらすじを紹介

2019/11/24    

『ようこそ、わが家へ』は2013年に発行された池井戸潤のミステリー・サスペンス小説。 本作は2014年にラジオドラマ化、2015年に相葉雅紀、有村架純、沢尻エリカ、佐藤二朗らのキャストでドラマ化されま ...

Copyright© bookForever , 2020 All Rights Reserved.